施術時間や料金は?

アートメイクをやってみたいと思った時に、気になるのが料金です。相場としては1回あたりの施術が眉、アイライン共にそれぞれ10万円前後のようです。しかし、アートメイクの施術は複数回に分けて行われることも多いため、思った以上にお金がかかってしまったということもあるようです。料金について不安があれば事前のカウンセリングでしっかりと話を聞き、納得の上で施術を受けることをお勧めします

カウンセリング施術時間は眉、アイライン共に1時間程度です。事前にカウンセリングがあるので、その時間は除きます。カウンセリングは医師または看護婦によって行われます。すっぴんの状態で表情や筋肉の動きなどを観察したり、普段のメイクの様子などを伺いながら個人に合うアートメイクを提案してもらえます。特にメイクをする時に眉が上手く描けないという人には、その人の顔に合った理想的な眉を提案してもらえるためお勧めです

注意点として、アートメイクは針を使った施術のため医療行為にあたります。中には医師でない人が施術を行うサロンもあるようですが、医師免許を持った人以外がアートメイクの施術を行うのは違法行為です。違法のサロンで施術してもらい、腫れが引かない、化膿するなどのトラブルを起こしているケースも見られます。アートメイクの施術を行う場合は、必ず医療機関で行うようにしましょう。


参考サイト|https://www.shirono.net/operation/artmake/medicalartmake/
└医療アートメイクを行っている美容皮膚科「シロノクリニック」です。

施術中の痛みは?

アートメイクは、針を使って色素を皮膚の中に入れていきます。一見するとタトゥー(刺青)と同じように思えますが、タトゥーは皮膚の中でも奥深くにある真皮というところまで色を入れます。その一方で、アートメイクの場合は真皮よりも浅い表皮の部分に色を入れるため、タトゥーのように一生残るのではなく数年後には薄くなっていきます

麻酔針を使うと聞いて痛そうだと感じた人もいるでしょうが、医療機関で施術をしてもらえば麻酔が使われるため、個人の感じ方にもよりますが痛みは軽減されます。麻酔は医療機関や施される部位によって異なりますが、麻酔クリームやジェルを使う他、局所麻酔を使うところもあります。しかし、妊娠中の方は麻酔を使わずに施術される場合が多いようです。妊娠中でもアートメイクができるのは嬉しいですが、痛みに弱い人は妊娠中の施術は避けた方が良いでしょう。その他、内科疾患がある人も医師に相談の上で施術をすることをお勧めします。

一度施術してしまえば便利なアートメイクですが、施術後数日間は腫れが出るためメイクができない可能性が高くなります。そのため、ある程度計画的に準備をしておいた方が良いでしょう。施術後は医師の指示に従ってケアを行いましょう。つづいて施術時間や料金について説明していきます。

どこに使われるの?

アートメイクの施術で希望されることが多い場所は眉です。毎日のメイクでは、自分眉を整え、パウダーやペンシルのアイブロウで丁寧に描いていく必要がありますが、時には思うような眉を描けないということもあります。また、中には眉の形を描きやすいように余分な眉毛を抜いたりカットしている人も多いでしょう。こうした場合、突然の来客やすっぴんで出歩きたい時に眉を描かずに人前に立てないということがしばしば起こります。アートメイクなら、ノーメイクでもしっかりと眉の形に色素が入れられているので自然な眉の形に見せてくれるというメリットがあります

アイライン眉の次に施術希望が多い箇所がアイラインです。細かい場所のため、自分でアイラインを引くとなると集中力が必要で、時間もかかります。そのため、朝の慌しい時間にアイラインを引くのが大変だと感じている人も多いのではないでしょうか。アートメイクなら、目の際ギリギリのところを睫毛の隙間を埋めるように自然な太さのアイラインを入れてもらうことが可能です。好みによって上まぶただけ、下まぶただけ、両方など希望を伝えることもできます。

その他にもリップラインに赤色のアートメイクを施してしっかりと立体的に見える唇にすることも可能です。

つづいてアートメイク施術の痛みについて説明していきます。

 

アートメイクとは?

出かける前、朝の身支度はどうしてもバタバタと慌しくなってしまうという人も多いかと思います。それでも、毎日のメイクだけは欠かせないでしょう。こうしたメイクにかかる時間やわずらわしさを軽減してくれる方法としてアートメイクが注目されています

アートメイクアートメイクは、メイク時間の短縮に使えるだけでなく、プールや温泉などのメイクが落ちやすい場所でも崩れない、メイクをしたくない時やすっぴんでいたい時でも自然に見せてくれるというメリットがあります。汗や水で流れ落ちることがなく、刺青のように一生残ってしまうというものでもありません。時間の経過と共に放置しておくと次第に色が薄くなっていくというもので、施術の一年後からはカラーチェンジができるというところもあります。個人差はあるものの、数年程度は持続すると言われています

アートメイクは針を使って肌に色素を入れていくものです。そのため、施術は医師免許を持った人でないと行うことができず、カウンセリングも医師や看護師によって行われます。プロのカウンセリングを受けることによって、患者さんそれぞれに合った、その人の美しさを引き出すようなメイクを提案してもらえます。使用される色素もアメリカの政府機関によって認められたものを使用しているため、人体にも安全だと言われます。

当サイトでは、アートメイクがどのように活用されているのか、また、アートメイクを施してもらう時の注意点などについて紹介しています。アートメイクについて気になっていたという人に少しでもお役に立てる情報が伝われば幸いです。

まず最初にアートメイクを行う箇所について紹介していこうと思います。